認知症になるのは、こういう人

もっともっとの研修の日の朝、テレビでやっていました。

耳が聞こえなくなった人が認知症になやすい、と。

 

年をとると耳の中の毛がなくなり、振動を伝えづらくなるそうです。

また、ヘッドフォンで大音量で音を聞き続けると、耳が聞こえづらくなるとか。

 

耳からの刺激は脳に大きく影響するそうで、

聞こえづらくなったら、なるべく早く補聴器を使ってください

と言っていました。

 

その日の研修で、大阪の先生が「コグトレ」についてお話してくれました。

「これはまさにもっともっとの脳力開発!」と。

しかも、ステップが細かく、くりかえし何度も出てくる、と

身内ながら、もっともっとを大絶賛してくれました。(^^)

いや、身内だからこそ、ですね。よく知っているから。

 

ということで、

目と耳を育て、脳を育てるもっともっと♪

義父がぼけてきたのが治ったのも、

ま、偶然ではなかろう・・・ってことで♪