親のおすすめは恐怖でもある

私が中高生のころ、親が

「あっこさんは賢いから歯医者になったら?」

と。

どうやら、勤めているラーメン屋さんに

歯医者さんのお客様がきて

いい仕事だよ

なんて聞いてきたのだろう。

「医科歯科大がいいらしいよ」と。

 

今思うと、親らしいと思うけど

私はあまのじゃくだから、人に何か言われると

その通りにしない面倒な性質を持っています。

そしてそれを外に出しません。

 

だから、口では

「そうだね」と言いながら、内心「ない。」と思いました。

 

またある時は

「あっこさんは数学が得意だから医者もいいよね」

と言いました。

その瞬間に、その選択肢は私から消えました。

 

言えば言うほど、その選択肢は消えていきます。笑

小さい頃から

「あっこさんは先生になったらいいね」と親戚中に言われました。

当然、先生と言う選択肢も早い段階で消えているのです。

「公務員はいいぞ」とも言われました。

それも、まったく考えもせず。

そして今にいたる。

 

だからね、親はあれこれ言わず、黙って見守ってくれたらいいのに。

そうしたら、みんな、自分に向いているものになると思うんですよね。

 

良かれと思って言う親の一言が

どれだけ邪魔なものか。

 

今、人体にとても興味があり、解剖学を学んでいます。

海外での解剖の提案もきていて、行きたいけどね~~~

誰も何も言わなかったら、外科医になりたかったのかもしれません。

 

私の親はとても穏やかで

怒ることもめったになく、

勉強しろと言ったこともないほど素敵な人だけど

そんな提案はしていましたね。

ぜ~んぶ聞き流したけど。笑

前の記事

土用

次の記事

一番良いのは