山のおくの、そのまたおくの

先日、伊豆の生徒さんのおうちに遊びにいってきました。

夏から通信をやってくださっていて、

どうしても様子がみたくて。

 

とてもとても素敵な空気の場所でした。

おうちも、ご家族も、とても素敵で!!

 

わさびを作っているおたくで、

わさび畑でわさび狩りをさせていただきました。

きれいな冷たい水の中で、1本1本丁寧に抜き、整えていく。

夏も冬も。

 

何気なく食べていたわさびが

こんなにかわいがられ、大切に育てられて私たちのおうちに来る。

考えたこともありませんでした。

 

今は、わさびを見るたびに

その手間と気持ちを思い出します。

 

わさびに限らず。

全てのものは、誰かしらの大変な手間を経てやってくる。

 

日本には八百万の神様がいます。

本当にそのとおりだな、と思います。

全てのものに、いつくしみを感じて生きていきたいなあ

と、そんなふうに思う年齢になってきたのでしょう。

 

教室で、生徒たちと、実際に切って食べてみました。

その形、見た目におどろき・・・・

 

素敵な時間を、ありがとうございました。

 

(マンドラゴラのよう!!)