と、まあ

先日

「靴をそろえる、というしつけを、うちはしてきましたけど、いまだに反対向きで~~」

という話をしたら

「うちではありえない、ちゃんと靴はそろえますよ。ないな、絶対ないな。」

と、あるお母さん。

 

そのあとそのお宅にいったら

見事靴が玄関で踊っていました。笑

 

いえ、うちもそうだし~~笑

 

人は自分の認識と常識を前提に話をするので

「我が家ではありえない、ちがう」

と思うと、見えるものも見えず

見ていてもスルーします。

 

それは客観視ではなく主観視。

 

子育てや指導が上手な人は

この「客観視」が出来ます。

冷静に我が子を判断し、対応できるからです。

そういう人は、穏やかに話もできます。

相手が我が子であっても。