英語は早ければ早いほどいいけど

去年から教材の整理をしています。

出てくる、出てくる、あらゆる教材が。笑

 

先日娘にその話をしたら

とても懐かしがっていました。

 

でも、実際使ったのはほんの一部でした。笑

 

で、やっぱり思う。

英語は早ければ早いほど良い、と。

でも、その前に、国語。

国語と算数の2本の柱がしっかり育っていないと

いくらやっても、結局

「シャワーのようにあびて、シャワーのように全部排水溝に流れてしまう」と。

 

世の中、どれだけの人が

英語教材を持っていることでしょう。

英会話教室に通っていることでしょう。

 

1年通っても、5年通っても

挨拶と自己紹介しかできない

英語が読めない

本が読めない

では、勿体ないですね。

 

ま、いつもこの話だけど。

 

英語が苦手なお母さんほど

英語を中心にしてしまう。

 

でも、大事なのは国語と算数。

 

娘は2才で絵本を読み

4才で日本語の絵本を見ながら英語に変換し

算数の計算は1年生レベルが出来ていました。

論理的な思考力も高く、

だからこそ、年長で3級レベルの長文を読み、理解し

それに的確にこたえることが出来ました。

息子も同じです。

 

本当に英語が出来る子に育てたいなら

国語と算数

そしてそれ以前の能力開発が必要不可欠。

記憶力、作業力、理解力、見て理解する力、聴いて理解する力

などなど。

 

でもね、そのまえにもっと大切なのが

笑顔と自信。

つまり、心ね。

 

心がこどもらしく元気じゃないと

ね♪

 

キッズガーデン もっともっと教室は

ただ単に国語や英語を教える場ではありません。

能力と心を最初に育てながら、

つまり、器を先に作ってから

中に知識や学力を入れていきます。

 

ただ英語をやりたいなら

国語や算数をやりたいなら

身近なところにたくさん教室はあります。

 

あえてもっともっと教室を選ぶなら

心と能力。

そして基本の言語と思考。

国語と算数は必須。

 

国語と英語だけでは育ちませんし

まして英語だけ

なんて~~~

 

これは「囲護台教室では」です。

一般的にはどの教室も1教科で入会できますよ♪

 

囲護台教室 椎名篤子