英語の上達を願うなら

とにかく

MOTTO MOTTO English

を進めること。

 

途中で

やれ試験だ~~

って学校の内容をやるから

なかなか進まないし、忘れちゃう。

 

これ、公文の教室をやっているころから

ずっと思ってた。

 

親も先生も焦るから

子どももつい焦って

あれもこれも、になって

結局いまいち~~~・・・

 

囲護台教室の生徒は

とにかくテキストを中心としているから

伸びる。

出来るようになる。

 

そもそも、そんな付け焼刃な学習で点数があがるはずがない。

 

逆に、あれこれやらず、こつこつ基礎をやっていくと

まだ簡単なところをやっているのに

なぜか点数があがります。

 

英語に限らず

国語も算数も。

 

親や先生が焦ってあれこれやらせなければ

絶対に伸びていく教材なのです。

 

でもね、そうは言うけど、学校の成績が・・・・

で、やってみて

上がりましたか?

 

囲護台の生徒たちは

確実に、着実に、上がっていますよ。

 

月に1度しかない糸島の生徒だって

1年やれば成績があがってきます。

 

やっているのは

まだ小学校1年生レベルなんですけど、ね。

ふしぎ~~♪

 

いえいえ、脳に働きかけているから

上がっていくのです。

 

伸びるのに邪魔なのは

★手出し口出し

★学年相当のこだわり

 

この2つのみ。

前の記事

あれもこれも

次の記事

根拠のない自信