自分の人生

ある若者に出会いました。

大学を卒業し、親の反対を押し切って選んだ仕事。

親は公務員をすすめ、その子はベンチャーを選んだのです。

 

親は「もう我が子ではない」と言い

子は「家に帰りたくない」と

お盆も正月も実家に帰りませんでした。

足が遠のいているのです。

 

「自分の人生なんだから 好きなことをやればいい」

と思います。

何より、楽しそうで生き生きしているんだもの。

しっかりとした、とても素敵な青年でした。

 

私の娘は教育学部を出ています。

しかも大学院まで。

なのに、選んだ職業が

全く違うべンチャー。

 

おじいちゃんはがっかり。

もうひとりのおじいちゃんも、寂しそう。

 

家族の期待って こんなにもあるんですね。

 

私は昔も今も、

「やりたいことをなんでもやればいい」

と思います。

 

英語が得意で、高校でもすごい成績だった息子。

外語大なんぞに進み、家族みんな

かっこいい~♪

なんておもっていましたが

入学してすぐに休学。

 

「1年休んで音楽をやりたい。」と。

 

やりたいことをやれ、と育てたもんだから

まさにそのまんま。笑

 

そして1年の休学ののち

「大学をやめます。」

と。

通ったのはほんの4か月。笑

 

 

それはそれは、おじいちゃんたちの落胆はいかほどか!

でも、私を育てた母は

「やりたいことをやればいい」と。

 

私も

「自分の人生だから自分の思うとおりに進んだらいいよ、何をやってもすべて糧になると思う。」

と思います。

 

自分で決めたことは、後悔しても自己処理できます。

人に押し付けられた人生ほどつまらないものはない

と、私は心から思うのです。

 

大学中退の息子

まさかのフリーター。

 

でも、毎月8万を家に入れてくれます。

なかなか出来ないことだと思います。

 

2人とも、素敵な大人に育ちつつあります。

 

我が子とて、所有物ではありません。

全く違う人格と考えをもった一人の人間です。

親が口出し出来るのは、低学年までね(^^)

 

4年生で自立するように育てました。

まさに、

育てたように子は育った~~~