素敵なお母さん

先日あったお母さん。

「怒ったことないでしょう?」

と聞いたら

「う~~ん、小学生のころ、暗くなるまで夢中で遊んで

かえってこなかったことがあって

そのときは、お父さんが怒ったかな。」

と。

 

子育てにおいて、怒る必要はありません。

心配したときに怒る?

心配したなら、

「心配したよ」と無事かえったことを喜ぶだけで十分。

そこに怒りは不要。

 

物を壊したら?

わざとではないし、ケガがなかったか心配するほうが先ね。

形ある物はすべて壊れます。

 

テストで10点をとってきた。

なにゆえ怒る必要があるのだろう?

わざととった10点か

がんばった10点か。

 

そもそも、その子にあわせたテストであったか?

 

テストにこどもを合わせただけのこと。

20センチの足に24センチの靴を履かせて全力でダッシュさせたら

転んでケガをするだけね。

 

さて、この怒らないお母さんのお子さん

私と同じ年ですが

それはそれは素敵な方。

人の気持ちをかんがえ

自ら考えて行動でき

仕事もバリバリこなし

みんなから信頼される存在です。

 

子育てに、怒りは不要だと思う。

せっかく言語を話せる人間なのにね。