真の国語力

本当に国語が得意な人って 非常に少ないように思います。

表面的な字面読みを「読んでいる」と思っているかもね。

 

表面的に読めることが

「読める」ではありません。

 

深い思考をともなって読むことが

「読める」です。

 

あっこさんは にくまんを

あさ7つ、ひる3つ、よる2つ

食べました。

 

この問題を読んで

「朝から肉まんかよっ!

え、あさから肉まん?

あっこさん、あさから肉まんかあ・・・・」

と、3回もつぶやきながら解いていた4年生。

 

思考をともなって解いていますね。

ただ単なる計算として正解を求めるのではなく。

 

いい子育てしているな、と思いました。