楽譜の読めない子

さて、楽譜の読めない息子、

音楽の先生に学校でピアノで弾いてもらい

それを覚えて

家に帰って練習したのです。

そう、耳コピ。

 

あんたね、楽譜も読めないのに伴奏を引き受けるなんて

無責任すぎる!

 

そんなことを言ったらだめなのよ。笑

自分で決めてきたことなんだから

黙って笑顔で見守り、ただただ応援すればいいの。

親は、ね♪

 

あなたならできるわよ♪

という励ましと

上手だなあ

かっこいいなあ

というプラスの声掛けで

うちの子たちは育ちました。

 

結果、素晴らしい演奏で、最優秀賞をいただきました~~♪

で、各学校の最優秀の子クラスがあつまって

再度 演奏をしました。

 

まぢで、ほんとに、かっこよかったよ~~

会場で、母、号泣。笑