未来ボックス

もっともっと教室のこだわり方針は色々ありますが

★出来ることをコツコツと

★常にちょうどのものを与え続ける

この2つはとても重要。

 

2年生だから2年生の教材をやる

3年生だから3年生の漢字をやる

これこそが、諸悪の根源。

 

そんなの出来るのは、クラス30人のうちの、ほんの数人。

 

さて、そんなもっともっと教室でも

ちょいと目を離したスキに、難しいところに進んでしまうことがあります。

とてもよくあります。

 

教材が順番に進んでいくと、ね。

 

ある子は4ページ目が難しい

なのに5ページ目にいってしまう

そうすると、宿題をやらなくなったり、元気がなくなったりする。

 

そんなとき、5ページ目以降は「未来ボックス」に入れてしまう。

いつかやる教材として。

そして今はひとつ前をもう一度やってみる。

または2つ前をやってみる。

こうやって十分な力をつけて、力をたくわえて、助走をつけると

すぐ近い未来に、未来ボックスに入れた教材が、不思議と出来るようになっている。

 

大抵の大人は、未来ボックスにいれず、現在の中で無理やりやらせてしまう。

だから、勉強ぎらいの子になり、

おいてけぼりになってしまうのです。

 

どうぞ、みなさんは、素敵な未来ボックスをつくってね♪

 

教えなきゃ出来ない問題は、ぜんぶ未来ボックスに入れてね♪

次の記事

一度にひとつ