挫(くじ)ける・・・・

昨日は解剖学の講座。

 

まわりはその道のプロばかり。

私は全くの素人だから

浮いた浮いた。

畑違いを痛感した。

 

お昼休みを待たず、帰りたくなった。

 

でもね、最後まで頑張りました。

 

当たり前なんだろうけどね、大変でした。

でも、できない、わからない、難しい

を、楽しんできました。

 

でね、思う。

子どものころから

たくさん失敗をして

それを繰り返して成功した経験がある人はね

頑張れる。

 

失敗しても、いずれ成功することを知っているから。

 

子どもが失敗しないように

先回りしてやってあげたり

失敗をとりのぞく親が増えた現代だけど

逆よね。

たくさん失敗を経験するって

すご~~~く大事。

 

でね、解剖学。

楽しい♥

 

脳を知りたいのよ。

脳のしくみ、脳の作り。

だってね、子どもたち、とても簡単なところしかやっていないのに

顔があがり、堂々として、テストの点数もあがってくるから。

なんでなのかなあ・・・ってね。

脳科学的に知りたいと思うのさ。

 

感覚と経験で作った教材であり

絶対脳が育ち、伸びるのもわかっているんだけど

理論的に知りたいな、と思って。