弊害はどうすればよいのか?

まず、さかのぼること。

原因となった最初にもどって

やりなおすのです。

 

そこに必要なのが

★よい教材

★正しい知識

★よい指導者

です。

 

生半可な知識は、弊害を悪化させるだけです。