工作

本来、人子どもは、人間は、勉強が好き。

学ぶことが好き。

 

2才~3才になると

なんで? どうして?

と聞く時期があります。

そのときの対応で、

学ぶことが好きになるか

学ぶことをしなくなるか

に分かれるような気がします。

 

工作も同じ。

作るって楽しい。

でも、

「え~~、私はいいです。」(結構です)

と尻込みする人は

小さい頃に、何かを作って失敗したまんまとか

出来なくて怒られたとか

そんな経験が成功体験より多いのではないでしょうか。

 

思う存分、自由に、好きに作って

たくさん失敗をして、

工夫してつくりあげたものを

誰かが驚いてくれたり

喜んでくれたり

褒めてくれたり

・・・そんな経験がたくさんあると

作ることが好きな人になります。

 

「どうしたら自分からなんでもやる子になるでしょうか。」

よくある質問。

 

自由に、好きに、なんでもやらせたらいいと思います。

 

でも、

「ゲームが好きで、一日中やっています。」

「映画が好きで、一日8時間見て、全部暗記しています。」

「ポケモンが好きだから、全部を買ってあげています。」

「ピアノもバレエも柔道も、全部やりたいというので通わせています。」

というのは、ちょっと違うけど。

 

何かを大人が準備して、おぜんだてして・・・ではなく

身の回りにあるもの、牛乳パックとか割りばしとか、

普通に、そこらへんにあるもので何かを作る・・・

子どもは遊びの天才です。

何もなくても、水や土、石でだって遊び始めます。

 

物がありすぎて、アホになっているような・・・・