実家

この年になっても

実家にいくと、いつも母は褒めてくれる。

 

真っ赤なコートを着ていくと

「あら、いい色ね。赤、似合うわね」と。

 

シックな格好をしていると

「落ち着いていていい色ね」と。

 

「あっこさんは何の心配もないなあ、心配をしたことがないよ、今も今までも。」

とかね。

 

本当は親だからね、心配だらけだと思います。

小学校のころは不登校だったしね。

親はどれほど心配したかと思うけど

そんなときも 何一つ言わず

で~んとかまえていました。

 

それがどれだけありがたかったか。

 

いちいちさわがず、どっしりどど~~ん

・・・大地のような母でありたいなあ。

 

それがねえ、なかなか難しいわけで。