伸びない子の共通点

どんな子でも、必ずできるようになります。

しかし

いつまでも伸びない子

というのもいます。

それは

恒常的に(日常的に)怒られている子

 

昔ながらのパチンコを思い出してみてね。

チューリップが開くと

玉はどんどん入ります。

でも、閉じてしまうと、玉は入りませんね。

 

脳もこんな感じ。

褒められたり心地よいと

開いた状態。

だからなんでもスイスイ入る。

 

怒られたり呆れられたり

ため息をつかれて育っている子の脳は

閉じたまま。

 

何をいっても

何度いっても

何も はいりません。

それが毎日・・・になると、閉じっぱなし。

言えばいうほど、何もできなくなっていきます。

 

教室で全力で開いた状態にしても

おうちで閉じてしまったら、もはや打つ手はナシ。

 

ってことで

毎日なにかしらで

ガミガミ言われている子は

伸びません。

 

伸びないだけならまだしも

自信がないから

社会に出て苦労します。

 

「でもね、言わなければ一生やりませんよ、この子は。」

 

では、今まで長い期間 ガミガミ言ってきて

少しでもよくなりましたか?

その場だけではありませんか?

 

ガミガミでよくなっているなら

どうぞそのまま続けてください。

 

うつやひきこもり、自信のない大人、仕事ができないおとなになっても

よければ。

 

思っているよりずっと深刻ですよ。

はやく気づいてね。

 

 

気持ちもわかるけど

百害あって一利なし。

 

毒にしかなりません。