しったかぶり

何か教えると

「知ってる」

という子

ま、大人も、いますね。

 

「じゃあ、意味をいってごらん」

これほど意地悪な切り返しはないでしょう。

優しく自信のある子に育てたいなら、避けたい言葉。

 

話をしっかり聞いてもらえない子に多いですね。

親が頭ごなしに叱る家庭でも

よくあります。

 

こういう子は

認められたいという願望があるのです。

 

「知ってるよ」に対して、意地悪や嫌味な言葉をいわずに

そうか、知っているのね♪

でやめておく。

 

日ごろから大切に想う

大切にする

優しく接する

うんうん♪

と、だまって笑顔で話を聞き続ける。

 

知らなくても怒らない

呆れない

ばかにしない

嘲笑しない

わからなくても

怒らない

 

出来なくても

怒らない

 

すべては

「怒る」「指摘する」から起きることです。