あらためて つくづく しみじみ

昨日、息子と散歩に行きました。

並んで歩きながら

「今月はバイトが減ったからあんまり入れられないな。」

と。

「今月はいいよ、いらないよ。」

と伝えると

「いやいや、食費ぐらいは入れるよ。」

「本当に、素敵な大人に育ったわね。もう何も心配ないわね。」

 

シフトは減ったけど、暇なら手伝いに来て、と

いろいろな人が声をかけてくれるようで

働き口には困らないようです。

 

そんなことを言いながら、コンビニの前を通ったとき

「アイス食べよっか!!」と言う話になりました。

どれが高いの、安いの、って言いながらレジにいくと

「いいよ、外でまってて。」

と、おごってくれました。

 

たったそれだけなんだけど

ささいなことだけど

すごく嬉しいですね。笑

自分はちょうピンチなのに、おごってくれるんかい!

やっぱりおだてておくべきだなあ・・・笑

 

我が子の心配がないだけで

どれだけ安心か。

心おきなく仕事ができ

やりたいことが出来ます。

 

「明日から3日間いないよ」

と突然いっても

「あ~、はい~~、今回はいずこに?」

で終わります。

 

え!

なんで!

どうすんのよ

もっと早く言ってよ

・・・そんな会話は、我が家ではありません。

 

先週、息子の車をこすっちゃいました。

私が・・・・(^^;)

「ごめん、車、ぶつけた」

と言ったら

「あ、そ。」

 

見に行くでもない、平然としています。

「あのさ、けっこうひどいから、見てきて」

と言うと、

「あ~~、このぐらいなんでもないよ。大丈夫。」

と。

 

この子、本当にカピバラか???

と思いましたが

なんでこうもゆったりしているのか・・・・笑

 

笑って育てる

笑って過ごす

それが何より一番

穏やかで優しく仕事も出来る子に育ちます。

 

こんなんでいいのかな

これでいいのかな

いつも常に迷っての子育てでしたが

ま、そこそこしっかり育ったように思います。

 

こんな日記を23年間ずっと書いてきて

実際我が子が大人になって

あらためて思います。

 

子は親の鏡。

育てたように子は育ちます。